風俗

風俗の地域比較について

風俗で良く比較されるのは、都市と地方や郊外ですよね。これは人口が多くて繁華街も賑わう都会と、住宅地などが多いベッドタウンの郊外や地方のどちらが良いのか、という事です。これはどちらもメリットがありますし、単純に比較できない事が分りますよね。しかし、さらに比較すべき風俗の対象があるのです。それが、「海沿い」と「山沿い」 の風俗店比較になります。これは果たして、どちらがより有利なのでしょうか?
普通に考えると、海沿いの方が栄えている街が多い印象で、大都市などは海の近くです。一方で山沿いには、風俗店があまり多い印象がありません。しかし、山沿いが極端でも内陸部などと捉えると、実はかなりいい線をいっているように感じませんか? 国道沿いには地方でもラブホテルなどが多いですし、そうなるとデリヘルも多いです。第一、日本の国土で山林が全体の7割と言われています。これで海沿いだけが、歓楽街や風俗地とするのは無理がありますよね。
大都市に関しては海沿いが多いので、その関係から風俗店も多いと思いがちですが、周囲が山等に囲まれた大都市もありますよね。すると、イメージ的には海沿いの都市は往来しやすいですが、山沿いは多少不便なので逆に地元の人が残っている感じもします。明確な答えは難しいですが、このような違いも気にしながらの風俗遊びも良いものでしょう。

CONTENTS

»More Contents

MENU LIST

TOP